TPP11、日EU EPAが発効して2ヶ月以上が経ちました

原産地証明、宣誓書の運用方法でいろいろなことが見えてきましたね。

検認の確率の高さから慎重な適用に慎重な企業も多くあります。

今後、検認事例も出てくるでしょう。確実な申請を果たすために、企業の対応方法をとりまとめ、コンサルティング活動に反映させていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください