FTA講座基礎編 基礎編 2-5「FTAにおける原産とは」~FTAのメリットを享受するためのプロセス(5)~

戦略的FTA活用ハンドブック 2018年度版の解説ビデオのアップデートです。

YouTube によるFTA活用講座の新しいパートをアップしました。

基礎編 2-5「FTAにおける原産とは」~FTAのメリットを享受するためのプロセス(5)~

FTAでは、輸出する商品のHSコード毎に原産地規則が設定されており、原産であることを示すために、原産地規則を満たしていることを示す必要があります。 その原産地規則の見つけ方を説明します。

 

チャンネル登録をお願いしますね。

FTA活用講座:オンライン講座リスト

FTA協定を読み解く(原産地規則・品目別規則)

戦略的FTA活用ハンドブック 2018年度版の解説ビデオのアップデートです。基礎編 2-4「原産地規則の把握」 ~FTAのメリットを享受するためのプロセス(4)~

戦略的FTA活用ハンドブック 2018年度版の解説ビデオのアップデートです。

YouTube によるFTA活用講座の新しいパートをアップしました。

基礎編 2-4「原産地規則の把握」 ~FTAのメリットを享受するためのプロセス(4)~

FTAでは、輸出する商品のHSコード毎に原産地規則が設定されており、原産であることを示すために、原産地規則を満たしていることを示す必要があります。 その原産地規則の見つけ方を説明します。

 

チャンネル登録をお願いしますね。

FTA活用講座:オンライン講座リスト

FTA協定を読み解く(原産地規則・品目別規則)

YouTube によるFTA活用講座の専門編の新しいパートをアップしました。21-1続 輸出商品のHSコード確認

YouTube によるFTA活用講座の専門編の新しいパートをアップしました。

21-1続 輸出商品のHSコード確認

21-1の専門編 HSコードについての続編です。今回は輸出産品のHSコードの決め方に関してお話しします。

このHSコードで税率も決まりますし、原産地規則も決まります。大変重要な作業となります。

まずは、この輸出品のHSコードを確実にしましょう。

 

チャンネル登録をお願いしますね。

FTA活用講座:オンライン講座リスト

YouTube によるFTA活用講座の専門編の新しいパートをアップしました。21-5 VA(付加価値基準)

YouTube によるFTA活用講座の専門編の新しいパートをアップしました。

21-5 VA(付加価値基準)

FTAにおける原産地証明基準は3つあります。

そのうちの1つであるCTC、関税分類変更基準に関して詳しく見ていきます。

VAはCTCに比べて種類もあります。

 

 

チャンネル登録をお願いしますね。

FTA活用講座:オンライン講座リスト

YouTube によるFTA活用講座の専門編の新しいパートをアップしました。21-4 CTC(関税分類変更基準)

YouTube によるFTA活用講座の専門編の新しいパートをアップしました。

21-4 CTC(関税分類変更基準)

FTAにおける原産地証明基準は3つあります。

そのうちの1つであるCTC、関税分類変更基準に関して詳しく見ていきます。

FedExのWorld Tariffの使い方もご説明します。

チャンネル登録をお願いしますね。

FTA活用講座:オンライン講座リスト

YouTube によるFTA活用講座の基礎編の新しいパートをアップしました。 21-3 原産地規則について(概論)

YouTube によるFTA活用講座の基礎編の新しいパートをアップしました。

21-3 原産地規則について(概論)です。

原産証明のプロセスの中で、いよいよ原産地規則の説明に入ります。HSコードと同じで、原産地規則に関しては、専門編で詳しく説明する事にしました。

今回は概論編で、原産地規則の全体について説明します。

チャンネル登録をお願いしますね。

FTA活用講座:オンライン講座リスト

FTA活用講座:基礎編 2-3 「関税率を調べる」~FTAのメリットを享受するためのプロセス(3)~ 新しくYouTubeにアップしました。

YouTube によるFTA活用講座の基礎編の新しいパートをアップしました。

タイトルは、2-3「関税率を調べる」~FTAのメリットを享受するためのプロセス(3)~

今回は今までの流れで分かった商品のHSコードを元に、輸入国での関税率を調べます。その結果によっては原産地証明をする必要がないことがあるためです。

FedExのWorld Tariffの使い方もきちんとご説明します。

チャンネル登録をお願いしますね。

FTA活用講座:オンライン講座リスト

FTA関連書籍の販売方法について

本日、とある大学の生協から弊社のFTA関連書籍に関する問い合わせがありました。

該当する本を生協に引いて販売できるかでした。

割と大口な引き合いでしたが、主旨を説明し、販売できない旨を伝えました。

HPにも記載しましたが、当社のFTA関連書籍は、基本は企業のFTA活用の支援のためのものであり、その為に、弊社と企業が(メールなどで)つながることで、書籍と共にFTAの活用支援が出来ることを目的としています。

誰に販売されたかが分からない書籍流通は当方の意図するところではないのです。

発注主は大学の先生のようです。弊社のHPからご注文を頂き、その主旨が当方の意図に合う場合は販売しますし、そうでなければお売りをしないことを申し上げました。

企業や公官庁をお売りする先として考えていますが、弊社書籍で何らかの支援が出来ると判断すればお売りします。

傲慢と思われるかもしれませんが、それが弊社のFTA書籍に対する考え方です。

もっとも、このわがままなポリシー故に、Googleのマーチャントセンター(商品の広告を検索エンジンなどに掲載する仕組み)の登録が停止されました。Googleの場合、分け隔てなく販売しないとダメなようです。

FTA協定を読み解くシリーズ No.7 日EU EPA 正誤表(2018年9月2日現在)

日EU EPAの協定書籍の正誤表です。修正があり、申し訳ございません。
・一部シールにて修正しています

現在、修正した書籍を作成しています。既にお買い求めになられた方にもこの修正バージョンの書籍を送らせていただきます。

また、せっかく直すのだからということで、P122の「原産地に関する申告分」テンプレートが日本語だけでしたが、セミナーで「英語で作り、受取手のめんどくささをなくしたい」との要望に応え、修正バージョンでは、英語版のテンプレートも記載しました。

今後(2018年9月2日以降)のご注文に関しては、この修正バージョンをお送りしたいと思っています。


P22 第3・16条2: 文章が箇条書きになっていません

(誤)
関税上の特恵待遇の要求は、次のいずれかに基づくものとする。産品が原産品であることについての輸出者によって作成された原産地に関する申告産品が原産品であること二つ邸の輸入者の知識

(正)
関税上の特恵待遇の要求は、次のいずれかに基づくものとする。
(a) 産品が原産品であることについての輸出者によって作成された原産地に関する申告
(b)産品が原産品であること二つ邸の輸入者の知識

P22 第3・17条5: 文章が箇条書きになっていません

(誤)
原産地に関する申告は、次のいずれかの輸送に適用することができる。締約国に輸入される1又は2以上の産品の1回限りの輸送締約国に輸入される同一の産品の2回以上の輸送(原産地に関する申告に記載する12か月を超えない期間内に行われるもの)

(正)
原産地に関する申告は、次のいずれかの輸送に適用することができる。
(a)      締約国に輸入される1又は2以上の産品の1回限りの輸送
(b)     締約国に輸入される同一の産品の2回以上の輸送(原産地に関する申告に記載する12か月を超えない期間内に行われるもの)

P54 第9類: HSコード表記の不適切

(誤)
09.0409.01

(正)
09.04~09.10

P57 第16類 16.03: 二段目文章の間違い

(誤)
において完生産において使用される全に得られるものであること。

(正)
において完全に得られるものであること。

P119 7007.11 (ii)欄: 表記の間違い

(誤)
ただし、第700.07項の・・・

(正)
ただし、第70.07項の・・・