FTA関連書籍の販売方法について

本日、とある大学の生協から弊社のFTA関連書籍に関する問い合わせがありました。

該当する本を生協に引いて販売できるかでした。

割と大口な引き合いでしたが、主旨を説明し、販売できない旨を伝えました。

HPにも記載しましたが、当社のFTA関連書籍は、基本は企業のFTA活用の支援のためのものであり、その為に、弊社と企業が(メールなどで)つながることで、書籍と共にFTAの活用支援が出来ることを目的としています。

誰に販売されたかが分からない書籍流通は当方の意図するところではないのです。

発注主は大学の先生のようです。弊社のHPからご注文を頂き、その主旨が当方の意図に合う場合は販売しますし、そうでなければお売りをしないことを申し上げました。

企業や公官庁をお売りする先として考えていますが、弊社書籍で何らかの支援が出来ると判断すればお売りします。

傲慢と思われるかもしれませんが、それが弊社のFTA書籍に対する考え方です。

もっとも、このわがままなポリシー故に、Googleのマーチャントセンター(商品の広告を検索エンジンなどに掲載する仕組み)の登録が停止されました。Googleの場合、分け隔てなく販売しないとダメなようです。

日タイEPAのわかりやすい原産地規則・品目別規則の本を発行しました

日タイEPAのわかりやすい原産地規則・品目別規則の本を発行しました。
部門に1冊、必需品です。

ロジスティック選書 FTA協定を読み解くシリーズ No.1

日タイEPA:原産地規則、品目別規則

値段: 5,000円+消費税

日タイEPA原産地規則・品目別規則
日タイEPA原産地規則・品目別規則 表紙イメージ

本の特徴
企業がFTA活用をする際に、FTA協定文で重要な以下の2つを活用しやすいフォーマットにしました。

  1. 協定本文 第3章 原産地規則
  2. 附属書2 (第3章関係)品目別規則

本書の目次
以下のリンクをクリックしますと、本書の目次を見ることが出来ます。

日タイEPA 原産地規則、品目別規則 目次

FTAを活用するなら一度は目を通しておきたい原産地規則
縦書きで読みにくい協定文を横書きに、漢数字をアラビア数字にして読みやすくしました。

日タイEPA 原産地規則 協定原本
日タイEPA 原産地規則 協定原本
日タイEPA 原産地規則 本書の表記
日タイEPA 原産地規則 本書の表記

表記がわかりにくい品目別規則を理解する
協定附属書2を整理し、表記を原産地規則と同じように縦書きを横書きに、漢数字をアラビア数字にするだけではなく、厳密な記述故に読みにくくなった部分を削除し、シンプルにした上で、CTCならどの規則になるか、VAなら何パーセントかも合せて記載しました。

日タイEPA 品目別規則 協定原本
日タイEPA 品目別規則 協定原本
日タイEPA 品目別規則 本書での表記
日タイEPA 品目別規則 本書での表記

HSコードの比較表を付録に
現在使われているHSコードは2017年のもの。日タイ協定はHS2002で記述されています。変換が必要で、煩わしいもの。それを簡単に行うための変換表を添付しました。

HSコード:2017→2002変換表
HSコード:2017→2002変換表

この1冊で日タイEPAの対象商品の原産地規則を調べることが出来る本になっています。

ぜひ、お買い求めください。

現在の販売方法
下記フォームから弊社へお申し込み下さい。金額の弊社お振り込み確認後の配送となります。

金額
5,000円+消費税+配送料(レターパック:510円) 2018年6月1日現時点で5,910円となります。

次回出版予定
次のFTA協定を読み解くシリーズは日インドネシアEPAです。

購入申込み
購入ご希望の方は、下記のフォームにご記入下さい。追って購入方法をご連絡します。