Logisitque Inc.

メールメールメールメールGEFGEF

株式会社ロジスティックは、企業のサプライチェーンを効率化するプロフェッショナル企業です

Corporate Profile

会社概要

代表挨拶

株式会社ロジスティック 代表取締役 嶋 正和

サプライチェーンから
   企業の未来を変える

 代表取締役社長
  嶋  正 和

 株式会社ロジスティックは2000年に創業しました。その時点から一貫して企業戦略をいかにして物流に反映させ、企業の競合優位性にまで高めるかを追求してきました。

 企業の競争がグローバル化してもその追求する姿勢は変りません。物流からサプライチェーンに業態を拡大・深化させ、また、トップクラスのFTA活用コンサルティングを提供していることも目的はグローバルでの競合優位性構築支援を行うプロフェッショナル・ファームであり続けることです。

 近年では、パートナー企業と連携をし、Global Edge Forumという海外戦略総合支援体制を構築しました。

 今後の弊社のサービスにご期待下さい。

企業理念

株式会社ロジスティック

サプライチェーンから企業の未来を変える

企業の戦略は、点で考えるのではなく、線、そして面で考える
 企業はその戦略を、営業、生産、調達といった「点」で考えることを続けてきました。それ故に部門内では、それなりの最適化を果たしてきたわけです。

 しかし、戦略が複雑化、高度化した現在、こと企業全体で考えると営業などの「機能」をつなぎ合わせた、「線」や「面」での企業戦略となっていない場合が多いのです。

 ロジスティックは、その機能間、組織間の融合、「サプライチェーン」を最適化するコンサルティングを通じて、企業の反映に貢献します。
Howではなく、Whatを提供するプロフェッショナルでありたい
 経営コンサルタントの多くが書かれる書籍は「何をどうするか」ではなく、「どうやって考えるか」に関するものが多いです。

 確かに、問題点の整理をフレームワークに則って行い、シナリオとオプションを絞り込んで考える手法は私も活用します。

 ただ、それで本当に企業の業績がよくなったのか、企業は強くなったのでしょうか。

 ロジスティックは、何をすべきかを提示して参ります。そして、ロジックはその何をするべきかのストーリーです。

 具体的な事にコミットする、それがロジスティックです。
プロフェッショナル集団で企業戦略を支援する
 グローバルでのサプライチェーンは、国内のものとその複雑さが格段に違います。

 情報量が不足しているなどだけではなく、海外税務・労務・法務やファシリティのあり方など複雑性と専門性は、国内の比ではありませんし、それらの知識なく海外で戦うことは不可能でです。

 ロジスティックは、そういった専門性を他社の一流のプロフェッショナルと連携し、解決・提案に当たっています。

 その一つの形として作ったのが、Global Edge Forum。専門家との連携がどのようなものかおわかり頂けると思います。

会社概要

会社名 株式会社ロジスティック Logistique Inc.,
事業内容 ・物流を主体とした経営コンサルティング事業
・グローバルSCMコンサルティング事業
・FTA(自由貿易協定)、EPA(経済連携協定)活用コンサルティング事業
・教育事業
創立年月日
2000年4月17日

代表者
代表取締役社長 嶋 正和

本社所在地 浦安市日の出3-3-D-906
主要株主 嶋 正和
株式会社大前・ビジネス・ディベロップメンツ(代表取締役 大前 研一)
内田 和成(ボストン・コンサルティング・グループ 元日本代表)
代表電話番号 047-723-1100




出版書籍
  • 図解よくわかるFTA (日刊工業新聞社)
  • 図解よくわかるFTA 第2版: FTAとTPP (日刊工業新聞社)
  • 震災に負けない復元力のある会社を作る (日刊工業新聞社)
  • 巨大ブロック化する世界と孤立化する日本 (日刊工業新聞社)
  • ボーダレス時代に日本はどう生き残るのか (日刊工業新聞社)